top of page
Alex Gambalは、1993年にブルゴーニュへの情熱を抑えることができず、不動産業を離れ、ボーヌに引っ越してきました。彼はブルゴーニュに住んでいたベッキー・ワッサーマンに多く影響を受けました。ボーヌの学校でぶどう栽培を学んだ後、1997年特徴あるテロワールを表現したAlex Gambalを創設します。素晴らしいワインは上質のぶどうなしでは生産することができません。最も成熟して健全なぶどうを得るため、ぶどう畑と作業過程に重点をおいています。ワインづくりにおいて、ぶどうの品種特徴を生かす、天然酵母を取り入れています。ブルゴーニュ地方の伝統に沿って、白ワインは樽発酵を、そして赤と白ワインは瓶詰めの前の澱引きまでねかせて熟成。
セラー、ぶどう畑で、実用主義、かつ情熱的に作業し、哲学・理念は、今までのテイスティングの経験と、ぶどう畑での自然の観察から生まれた賜物です。
現在Alexは引退し、2019年からは女性醸造家ロール・ギオトーが担当しています。女性らしい感性とワインに関する深い知識を融合させ、飲み頃を迎えたヴィンテージをリリースするのが彼女の腕の見せ所です。
アルコール度数(%) - 
栓の仕様 - コルク
製法 -  粘土石灰岩 樹齢約25~50年 大部分が東向きの畑 手摘み収穫 新樽20% 樽熟成15ヶ月 生産本数12,725本
色 - 赤
生産国 - フランス
生産地域 - ブルゴーニュ
生産年 - 2019
ボディ - ミディアムボディ
品種 - ピノ・ノワール

アレックス ガンバル ブルゴーニュ ピノ・ノワール ラ キュヴェ デ ドゥー パピ 2019/750 ml

¥6,050価格
消費税込み
    bottom of page